2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 9連敗 | トップページ | 「4522敗の記憶」より、木塚敦志のエピソードに見る、プロ初登板の物語 »

2013年8月12日 (月)

連敗脱却、しかし・・・

勝った・・・

勝った・・・

やっと勝った・・・

(´Д`;

ほんと、勝ったのはうれしいし、ほっとしたけど、

それにしても、試合観てて、もう不安で不安で・・・(><;

試合開始から見てたわけないんだが、

21安打で、13点とってても、それでも、負けるんじゃないかと

最後まで不安で仕方がなかったという・・・

これで負けたら10連敗。

とはいっても球団史上(DeNAに身売りする前に時代)、16連敗した年があるし、

日本プロ野球史上、最大の連敗は、確か千葉ロッテマリーンズの18連敗だから

10連敗ぐらい、まだまだ余裕だといわれれば、それまでなんだけど

それでも連敗してるってのは、気がめいる話。

それに、ここで負ければ、最下位が待っていたわけで・・・(><;

21安打でも不安というのは、もちろん投手陣が不安だから。

昨日は、頼みのルーキー・三嶋くんが、2回で制球に難ありで、降板しちゃって

継投どうすんだ!?@@;とゾワっとしちゃったわけだが、

2番手の国吉がなんとか抑えてロングリリーフに成功。

しかし、もう見てて不安で不安で・・・

バレンティンを打ち取っても、全然「よくやった国吉ぃ!」なんて喜ぶ気になれず・・・
(その後バレにHR打たれたときのほうがむしろ落ち着いたというのは、我ながらどんだけネガティブw)

その後の継投も、もう、いつ崩れるんだろうという不安にかろうじて耐えていたという始末。

だって、1回には4-1だったのが

ヤクルト苦戦しつつも、最終的には13-7まで追い上げたわけだから

昨日はとにかく、久々に横浜の誇るマシンガン打線が機能したからなんとかなったというのがよくわかる試合だった。

もし、ヤクルトの継投がうまくいって、先発ラルーのあとの投手が抑えていたとしたら?

4-7だったら、ひっくり返されていたわけですよw

そうならなかったのは、たまたま。運が良かったからとしか思えない(><;

そして、そして

火曜からは、対巨人3連戦w ああああああ・・・勝てる気がしないorz

« 9連敗 | トップページ | 「4522敗の記憶」より、木塚敦志のエピソードに見る、プロ初登板の物語 »