2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« デニーコーチのホロスコープ | トップページ | アンディ自伝のポリス映画、日本公開決定! »

2013年10月 4日 (金)

戦力外通告とか引退とか・・・中畑続投決定とか

悲しいニュースが続く。

CSを別とすれば、いよいよ今年のプロ野球も終わる。

となると、始まるのは、各チームの戦力外通告、退団、あるいは引退の報道だ。

今年もまた様々な選手が、選手人生の岐路を迎えている。

20数年というような、長い現役を誇った選手もいる。

戦力外通告を報道で知った、という名手もいる。

本当に、一つ一つのニュースが、つらい。

* * *

ベイスターズに関して言えば、

2軍のコーチ二人について、球団は、来季契約を結ばないと発表があった。
一人は選手生活よりコーチ生活のが長いというほどの名コーチ。98年のマシンガン打線の生みの親、である。もう一人は98年V戦士の一人で、引退後もベイのために尽力してくれた人である。

2軍監督について、フロント入りを打診しつつ、とにかく退任を迫っている。
誰あろう、伝説の名ショート・山下大輔だ。

選手のほうでは、ラミレスが・・・あのラミちゃんが戦力外通告を受け、退団の意向である。

そのほか戦力外通告を受けた選手は、

・ベテランの小池(中日からFAで古巣に戻ってきてくれた)

・ひちょり(元ハムの、あのツルッパゲの楽しい選手)

・篠原(元ホークスで優勝にも貢献したベテラン中継ぎ投手。ベイにきてからは若き投手たちに慕われてる。のみならず木塚2軍投手コーチとともに指導にもあたっているらしい)

そして、牛田投手、安斉投手、細山田捕手、松下捕手の4選手たち・・・

このうち、小池選手と篠原投手については、それぞれ引退を表明している。ご両者の引退の言が、それぞれ、もう涙を禁じ得ないもので・・・特に篠原投手については、あのホークスから来てくれて、これは、ほんとにありがたいとしかいいようがなく、聞いているか内川!もうベイはあんたが見限ったときとは違うぞ!と声を大にしていいたくなるものであった。

だが、私が本日、もっとも衝撃を受けたのは、細山田の戦力外通告であった。

* * *

この戦力外通告は、野球ファンの間から、かなり確実視されていた。

とりわけ、先ごろ行われた、ベイ二軍最終戦のスタメンが、もう・・・戦力外通告予定選手のための思い出スタメンじゃねえか、といわれるほどで・・・

そこに小池も、ひちょりも、細山田もいた。

私個人としては、中畑の続投が決まった今(細山田ら4選手の通告発表後、正式にあった)、細山田については、もうやむを得ないと思っている。

このままベイスターズにいても彼に将来はない。とにかく監督が中畑のうちは。

はっきりいって、今年一年を無駄にしたのでは・・・とさえ思えるほどだが、怪我をしていたという話もあり、だとすると、その後の経過とリハビリ期間とすればまぁ妥当か。

できることなら、どこかの球団に拾われることを願っている。

* * *

しかし、現在の細山田の星回り、かなり厳しい。

現在の土星(蠍座10度)が、彼の生来の太陽と180度、さらに生来の冥王星と合!

現実的試練が、どーーーーーーーーーーーん!て感じですな

だから、簡単には行かないと思う。

ただ、厳しい一方で、

現在の冥王星(山羊座9度)が、彼の生来の火星と合。

だから、底知れぬパワーが彼のやる気に供給されているという感じ。

簡単には行かないだろう。冥王星は、とてつもない星だ。あの世までいって蘇るような、死線をくぐるような、究極の体験を要求されるかもしれない。

でも、もう野球人としては、一度死んだようなものか・・・

不死鳥のように蘇ってくれ、細山田・・・・!

* * *

ほぼ一月後に、その時の火星と冥王星が、彼の生来の太陽と、グランドトラインを形成する。

さらに、その時の太陽が加わってカイトにもなる。

ただ、このカイトになる太陽の位置が問題で・・・

彼の生来の冥王星と合なのである。

(しかも、同じころ水星・土星・太陽がほぼ合。つまりN冥王星とT太陽・水星・土星が合)

グランドトラインにカイトとなると、・・・やはり、吉であることを期待してしまう。

しかし、構成する惑星の内容が、太陽と冥王星と火星とくると・・・かなり強烈。

劇薬過ぎて、かえって心配、みたいなイメージだ。

さぁ、何が起きるか。あるいは起きないか。

いずれにしても、私は細山田武史に、このまま終わって欲しくないのである。

« デニーコーチのホロスコープ | トップページ | アンディ自伝のポリス映画、日本公開決定! »