2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 10.3 誤審はともかく負けは負け | トップページ | 星から見た 14.03.28 三嶋はどうか »

2013年10月26日 (土)

スポーツ選手のホロスコープについて、ルル・ラブアの解説

先日、本の整理をしていて、懐かしいものにでくわした。

ルル・ラブア
「星占いホロスコープ入門」マイバースデイの本 

ああ、懐かしい。懐かしすぎる

マイバースデイですよ、マイバースデイ!
何年の刊行かといえば昭和57年

うわあ・・・これってもう・・・昭和遺産だぜw

この本では、第8章ホロスコープの実例研究と題して、
著名人の、その活躍する方面で見受けられるホロスコープの傾向が紹介されている。
政治家・作家・芸能人といったなかに、スポーツ選手があった。

まさしく今の自分が求めていたものである。

* * *

ルル・ラブア
「星占いホロスコープ入門」マイバースデイの本 
実業之日本社 昭和57年

第8章ホロスコープの実例研究
2スポーツ選手のホロスコープ より

* * *

強力な勝負運を持つホロスコープ

火星が木星と合かトライン

ルル・ラブア女史によれば、
火星:運動能力・筋肉組織・肉体的エネルギーなど
木星:幸運や成功を表し、
火星と木星の座相は、旺盛な冒険精神とタフな行動力を示すのだという。

勝機をつかむためには自らの幸運を信じて
大勝負に出られるような勇気と行動力が必要。

火星と木星の合・吉座相は地方遠方にも強いということで、国際的な活躍をする人でもあるという。

女史は、このタイプの例として北の湖と、テニスの佐藤直子を挙げる。

例1:北の湖(相撲)
太陽・木星・火星がほとんど合:勝負運の強さ、小事にこだわらない豪快さ。
木星の保護:怪我の少なさ
太陽と木星の合:社会的有力者の援助を得られる幸運、人脈や交友関係に恵まれる

例2:佐藤直子(テニス)
火星・木星・土星・天王星:グランド・トライン
火星と土星のトライン;根気と忍耐力

* * *

天才的な素質を持つホロスコープ

・火星と冥王星がトライン

女史はこのタイプを、明らかにスポーツ選手としての素質がある、としている。
火星:筋肉組織
冥王星:潜在能力
を表す
スーパーマン的体力非常な体力圧倒的なパワーを与える座相なのだという。

運動すると疲労を覚えるどころか、練習量が足りないと気持ちが悪いタイプ。
底知れないエネルギーの持ち主とのこと。

* * *

天才的素質を示すホロスコープの特徴として女史が挙げた2番目の特質が、これ。

水星と火星が合

水星:神経組織を表すのだという。
その水星が、火星と合か吉座相を持っているのは、
プロゴルファーや野球選手など、
技術に強いテクニシャンに多く見られるのだという。

機略の才作戦のうまさといった頭脳プレーに強いことも示し、
メンタルな要素をふくむスポーツにはなくてはならぬ座相なのだそうだ。

水星・火星・冥王星のコンビネーションの例として、原辰徳と、増田明美。

例:原辰徳(野球、現ジャイアンツ監督)
水星・冥王星:合
それに対して火星:トライン

例:増田明美(マラソン、解説者としても有名)
水星・火星:合
それに対して冥王星:トライン

* * *

さて、女史は次のアスペクトについて次のように語っている。

水星と冥王星の座相

潜在している才能を引き出してくれる、
よき師・よきコーチに恵まれることを示している
としている。.
神業とか妙技といわれるような、高度の熟練を必要とする技術にも強い
指導のやり方次第で、どこまで技量が伸びるか見当もつかないタイプだそうだ。

* * *

責任感が強く努力家型のホロスコープ

・太陽と土星が強い座相

太陽と土星が合・衝・トライン・スクエアの座相をもつ場合、
責任感が強くまじめな努力家をつくるとのこと。
なるほど、太陽と土星の座相として非常に納得がいく。
そして、真面目さ・努力家は当然アスリートとしてプラスに働く。

女史によれば、この座相は、
フィギュアスケートや女子体操などのオリンピック選手にも多く見られるのだそうだ。
「日本の期待を一身に背負い、強いプレッシャーに耐えなければならない立場の
人にとっては、土星が強力なことが必須条件」と
女史は分析している。なるほど、納得である。

* * *

・金星と土星が強い座相

女史は、土星が強い座相として、金星と土星を紹介する。

金星と土星が合・衝・トラインを形成するのは、

「スポーツ選手というより、
バレリーナや日本舞踊の踊り手など、
古典的な芸能の世界に生きる人に多くみられる」という。
「孤独に耐え、厳しい修練に耐えて、
女性ならではの正確な調和美を表現するためには、
金星が表す美的バランス土星の厳格さの要素が必要」なのだろうと
分析している。

さらに、
土星:制限、束縛として、
栄光と引き換えに若い人らしい青春の喜びを、ある程度犠牲にする」とも。

* * *

これら、土星のきいてるタイプの例として女史が挙げたのは、
フィギュアの渡辺絵美と、体操の森尾麻衣子。

例:渡部絵美(フィギュアスケート)
太陽と冥王星:合
それらに対して土星:トライン
自負心と責任感の強さ

例:森尾麻衣子(現;佐藤麻衣子 体操選手)
金星と土星:合
それに対して天王星・冥王星:衝

「彼女たちが世界の舞台で活躍したのは、
長期間の厳しい練習に耐え抜いたという、
自分自身の努力に対する強い信頼があるからだろう」
と女史は解く。

* * *

水星と天王星の座相は、神経組織繊細さとカンのよさ、に関連するらしい。

水星と天王星の強い座相:合、衝

女史はこの座相を、次のように解説する。

銀盤の上や平均台の上などで微妙な身体のバランスを保つためには、
繊細でしかも強い緊張に耐えられるだけの強靭な神経が必要
が、精神的消耗も激しい
神経を酷使するタイプのスポーツ選手は、
他のスポーツ選手に比べて現役としての寿命も短い

* * *

ルル・ラブア女史って、ほんと先達・・・再認識

« 10.3 誤審はともかく負けは負け | トップページ | 星から見た 14.03.28 三嶋はどうか »