2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 星から見た 4・10 三嶋と鶴岡 | トップページ | N天王星とASCの合 »

2014年4月12日 (土)

星から見た 4・11 三浦の不調

まぁ、番長ならしゃーない(としかいえない)

4・11 横浜スタジアムにヤクルトを迎えての三連戦が幕を開けた。

阪神に対しても、勝ち越すことのできなかった我がべイスターズ。
今のヤクルトだったら余裕で勝てるでしょ、でも先発小川だし、
今日は無理でも、明日以降は2連勝!
とかってファンは前向きだったのだけど・・・

ふたを開けてみたら、番長不調で、5失点。
更にどすこいで1失点。
ブランコ違和感途中交代・黒羽根死球と、ヤ戦病院さんからケガを移植

梶谷HRなどで打線は多少気を吐いたが、結局5-6でまた負け。

ああ、あの怒涛の9回裏最後の攻撃、

あのしびれるような流れのなか、勝利を物にしてほしかったわ~

* * *

ところで、今夜の三浦大輔の不調。
ちょっと予想していた。

今夜の試合中、18時30分ごろ、ASCが三浦のN天王星とタイトに合になるから。

先日の長田の乱調のことから、ことによると、と思っていた。

はたして、18時24分 2回表ヤクルトの攻撃、
三浦は、この回、3人目の打者・森岡に対してフォアボールを与える。
続く中村にヒットを打たれ、2アウト1・3塁のピンチに。
結局、ここは無失点に抑えるのだけど、まさしくこれが、
TASC合三浦N天王星に起きたこと。

これで抑えたから大丈夫かなと思っていたのだが、

3回表のヤクルトの攻撃、あの三浦がヒットを打たれるだけでなく、
ワイルドピッチで進塁を許したりと、もう散々。
あれよあれよという間に、ヤクルトに4点先制された。

これが大体、18時40分くらいから19時ちょい前ぐらいまで。
すでにもうASCは蠍座に入り、すでに三浦のN天王星からは3度以上離れているんだけど
前後5度くらい影響は続くということなんだろうか。

なお4回のマウンドでは三浦は3者凡退で済ましている。

* * *

最近の試合は、試合開始時のASCにT火星が乗っていて、
終盤にT土星を迎えるという流れになっている。

なんとなく、終盤に試練を迎える!という印象が強くて。

今夜の試合だと、20時30分ごろ、ASCはT土星と合になった。
8回表、どすこいがマウンドを務めていたころのことだ。
彼が追加点を許してしまったのも、
その後の9回裏の攻撃をものにできなかったのも、
このT土星の与える試練に、ベイスターズが打ち勝てていないということに思える。

この苦しい時期を乗り越えてほしいと祈っている。

* * *

負傷の黒羽根はASCがN土星を通過した22時25分ごろに何があったのか。

まさか今季絶望とかいうことはないだろうが、そうそう簡単に復帰はできないかもしれない。

厳しい現実、厳しい試練。負けるなよ、黒羽根。

* * *

明日の試合って、ちと用事があって見られないんだけど、
デーゲームなんだっけ。
となると、この火星→土星の時間帯ではないわけだな。
先発は井納だったろうか。
彼が順調に2勝しているのは、この時間帯を避けていることも大きいのかも・・・

なんていうのは、躍進目覚ましい宇宙人に対して失礼かな。

« 星から見た 4・10 三嶋と鶴岡 | トップページ | N天王星とASCの合 »