2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 5・6 2-1 ベイ、巨人を接戦で下す | トップページ | 臣籍降下して皇族に戻った宇多天皇って »

2014年6月24日 (火)

星から見た 2014年ベイ新人投手たち

祝!萬谷投手プロ初勝利!三上投手10Sを記念して、彼らを含む、今年のベイスターズ新人投手たちのホロについて軽く触れたい。

実をいうと、今年の新人のホロについては、非常に驚かされた。

以前に自分が考えた、投手に必要な星の配置、即ち
1)乙女座に星があること
2)惑星が一つの星座に集中していること(乙女座ならなおよし)
が見られるからなのである。
(まぁ例外もあるがw)

* * *

さぁ、まずは輝かしいドラフト組を抑えて、育成から支配下登録された、ベイ新人投手期待の若手、萬谷くんであるが、

申し訳ないが、今年のルーキーの中で星的にピカイチなのは彼だと思ってしまった。

Horo_

 
太陽を含む、乙女座での4つの星の惑星集中。
これはまるで野茂の再来だ。

太陽・火星・金星は3重合で、
しかも牡羊座の木星と好角度。
さらには蠍座の冥王星、山羊座の海王星と、小三角というのもいい。

これは期待できるぞ、と思っていたら、1軍昇格であんなことになって
あわわわwと思っていたが、すぐさま再昇格。
以後は、頼もしい中継ぎとして活躍している。

いや、なんでこのホロの持ち主が育成なのよ、と不思議なくらいだったが
今や1軍で相応しい評価を勝ち得つつあり、何よりと思う。
末永い活躍を望むばかりである。

* * *

続いては、新人ながらマウンド度胸を発揮し、
謎の味方の好守備を呼び覚ます、ハマの新守護神・三上である。
Horo__2
正直いって乙女座に星が一つもないのが意外だった。

太陽牡羊座で、しかも金星とタイトに合。
5度の誤差があるとはいえ水星も合。
そう、ハマテラスオオミカミ様は牡羊座に惑星集中のお人。
なるほど、あの度胸のよさは、牡羊的ファイティングスピリットか。

これらの星たちが、双子座の火星と良角度。
活力を送っているというわけだ。

あと双子座の月というのも、臨機応変に状況の求むところに適応できて
クローザーに向いているのかもしれない。

また山羊座に3惑星集中というのも、ベイ選手らしくていい。
それも山羊座の守護星・土星を持つ男。
度胸と闘志と、臨機応変さと、真面目さも持つ男というところか。

なんにしても、この男が守護神となってからのベイは強い。安定している。
今年は、三上から目が離せない。

* * *

ドラフト1位の柿田は、太陽・木星・金星が乙女座、
ドラフト2位の平田は、太陽・火星が乙女座、
ドラフト6位の山下は、水星・金星・火星が乙女座、
育成1位の砂田は、火星が乙女座。
と今年の新人投手は、三上以外は、全員乙女座に星がある。

これは以前のベイの投手からしたら、ちょっと傾向が違う。
まさか、星占いをして選んでいることはないと思うが(爆)←どの口がいうw
実に、星から見て、期待の持てる人材揃いである。
それにつけても、萬谷のホロの強烈さには痺れる。

なお、ドラフト6位の山下は、太陽と木星が獅子座なので、今年木星が獅子座入りしたあと、注目を浴びることがあるかもしれない。後半戦で1軍デヴューなんていいじゃないか。

また、育成1位の砂田は、太陽・水星・金星が蟹座に集中している。どういうタイプの投手になるのか。大いに楽しみだ。

« 5・6 2-1 ベイ、巨人を接戦で下す | トップページ | 臣籍降下して皇族に戻った宇多天皇って »