2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 星から見た 山崎憲晴と井端弘和 | トップページ | 野茂英雄のホロスコープ »

2014年7月11日 (金)

星から見た 守護神の不調

やっぱり来たか・・・という感じ★★★

先日、台風8号一過、まだまだ天候に不安の残るなか開催された沖縄でのベイ×巨人戦。

久保の好投と、ゴメス後藤の3ランと、山崎のファインプレーと、
さらには華麗なる中継ぎリレーにより、
実に2011年以来の巨人戦完封を実現できた。
これは現DeNAベイスターズとなってからは、初の対巨人完封勝利なのであった。



そんな晴れがましい勝利の裏で、
得点初回の3ランだけやん!(#`Д´)とか、
色々ファンとしても、不安材料が残るのだけど、



その中の最大のものは、若き守護神・三上の不調ではあるまいか。



実をいうと、ああ、やはり来たか、という感じ。


占星術的に、今は、三上にとって、あまりよろしくない時期である。



あれがきたのだ。N太陽に対して、T太陽が、90度になる時期が。



三上のN太陽は、牡羊座。



現在は、その牡羊座と、90度の関係にある,太陽蟹座の時期である。



何が凄いって、太陽が蟹座入りする6月21日に、初めてセーブ失敗したのだから、
やはり星のパワーが、勝負師に与える影響は空恐ろしいものがある。
角度的にいえば、まだまだ90度になど遠く及ばない角度なのに。


その後、しばらく三上は好調にSをつけていくが、


初めて負け投手になった、6月29日の対広島戦では
T太陽は蟹座7度。
あと、27日から29日にかけてT月も蟹座滞在中だった。
これも負担を深めていたかもしれない。



沖縄での試合7月9日は、T太陽は蟹座17度。
いよいよタイトに90度に近づいていく。
この中で、無失点に留め巨人相手に完封を実らせたのだから
やはり、三上は凄い。


ちなみに、タイトにN太陽とT太陽が90度になるのは
7月13日深夜0時48分ごろ。
というわけで、次回、ヤクルトとの3連戦、
出番が来たなら、三上には試練のマウンドとなるかもしれない。


T太陽が蟹座から獅子座に移るのは7月23日。
まだまだ、三上にとって試練の日々が続く。
逆にいえば、90度の時期を迎えてしまうということは
後半戦、実にラッキーということでもある。

« 星から見た 山崎憲晴と井端弘和 | トップページ | 野茂英雄のホロスコープ »